介護福祉士Yuの体験記

介護士の体験談や考え事、転職方法などをつづっています

介護リーダーになって最初にやるべき・考えるべきことは何か?

f:id:marrige130110:20160506102057j:plain

介護職に限ったことではありませんが、仕事において、リーダーに任命されると誰もが戸惑ってしまうのではないでしょうか?介護職の場合だと介護福祉士になったりすると、グループのリーダーを任せられるようになる人が多いと思います。

なんとなく、今まではリーダーを見ていた人たちも、いざ自分がリーダーに任命されると、かなり困ってしまうのではないでしょうか。リーダーっていったい何をすればいいのか、どういう人がリーダーだと言えるのか、自分は向いているのか、まとまらないチームにどう働きかければいいのか、疑問はつきないはずです。

 

私たちはリーダーシップを教わったことがない

こんな風に悩んでしまう理由の1つは、これまでリーダーとは何かを教わったことのある人は非常に少ないからです。リーダーの仕事って何ですか?と聞かれたら、なんと答えますか?これに即答できる人は決して多くはないと思います。

とりわけ、介護職というのは他のビジネス、いつもスーツを着ている人たちと比べて、そうしたアカデミックというか体系的な知識からは、やや離れた場所にありますし、働いている人それぞれのバックグラウンドもさまざまで、リーダーシップと急に言われても、困ってしまうのではないかと思います。

今回、数回の記事にわたって、介護職のリーダーシップを考えていこうと思います。はじめて、介護職の現場においてリーダーに任命されて困っているという方にとって、少しでも参考になればうれしいです。

 

リーダーシップで最初にやるべきこと

では、さっそくですが、リーダーをすることになって、困っている人が最初にやるべきことについてです。それは「ゴールを明確化する」ことです。ゴールとは、自分のチームの最終目標です。半年後、1年後にどのような状態にしたいかを最初に決めるのです。

なぜ、ゴールを決めるのか?最大の理由はゴールがないと、各スタッフが自発的に自身の行動を決められないからです。仕事をしていれば、誰しも何をすべきか、どうすべきか判断を迫られることがあると思いますが、ゴールという判断基準がなければ、どうしていいかわからないから何となくの判断や、その場限りの判断、他人に責任をかぶせた判断になってしまう可能性があります。

そうなると、チームとしての結束や、統一性は生まれません。当然リーダーへの信頼感というのも生まれてきません。チームはバラバラになってしまうのです。個々人の成長にとっても決してプラスとは言えません。自分で責任を持つことがなければ、そこにあるのはただのやらされ仕事になってしまいます。

どんなチームにしたいかを考える

以上のような理由から、リーダーシップでまず最初にやるべきはゴールの設定なのです。では、どうやってゴールを設定するのか。ゴールと一口に言っても、その意味するところはさまざまですから、悩んでしまう人も少なくないでしょう。

そんなときに役立つのが見出しの言葉である「どんなチームにしたいか?」です。半年後、1年後に自分が担当しているチームに、メンバーにどんな姿になっていてほしいか、その問いに対する答えをゴールとしましょう。

自分で考えて答えを出す

理由もあったほうがいいでしょう。なぜ、そう思ったのか。たとえば、最近小さなミスが多いから、半年後には毎日の仕事で1つもミスがないチームにする、といった具合でしょうか。決して難しく考える必要はありません。それに誰かの言葉や書籍を参考にする必要もありません。自分で考えて答えを出しましょう。それこそが、あなたのチームにとって、最適なゴールとなるはずです。

ただ、それは人に聞いてはいけないということではありません。あなたの上司や部下に聞いてもいいことです。大事なのはリアリティです。現状にあったゴールを設定できているか、それがとても重要なのです。リアリティを生み出すためには、今現場にいる人々の気持ちを反映することが大切です。

ですから、本や現場とは関係ない人の言葉を使うと、それは表面的なゴールになってしまいがちなので、避けるべきだということです。なにも初めから100点満点を取る必要はありません。自分の頭で必死に考えて、いろいろな人の力を借りて、徐々によりよいゴールへと進化させていってはいかがでしょう。

とはいえ、積極的に学ぼう

上で言ったことと多少矛盾してしまいますが、書籍やネットの記事で学ぶ、インプットも非常に重要になります。初めての経験となるわけですから、リーダーシップとは何かという基礎をまずは学ぶ必要があります。

安心してほしいのは、これまで本当に多くの人がリーダーシップについて悩んできて、その回答を出そうと試行錯誤してきたことです。悩んでいる人は決してあなただけではありません。多くの知識や経験を得ることはできます。

悩んだときは、まずは学んでみましょう。たくさんの知識を身につけることで、自分の頭で考えることの助けになりますし、答えのクオリティも上がるはずです。

下記にオススメの書籍を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。 

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版

 
組織も人も変わることができる!  なぜ部下とうまくいかないのか 「自他変革」の発達心理学

組織も人も変わることができる! なぜ部下とうまくいかないのか 「自他変革」の発達心理学

 

 

 

以上、介護職の現場においてリーダーを任された人が、最初に考えるべきことについてでした。お読みいただきありがとうございました。